スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

独楽吟(どくらくぎん)

2012.09.26 07:24|観念浄化/禅
ひょんなことから、橘曙覧(たちばなのあけみ)という、

江戸時代の歌人を知りました。

(有名な人みたいなので、知っている人も多いかも

しれませんが・・)


裕福な家に生まれたけれど、早い段階ですべてを弟に譲り渡し、

ぼろぼろの家に住み、貧しいながらも句を読んで、

奥さんや子供さんと、日々、暮らしていたそうです。

(ちなみに、両親は早くに亡くなったそうです)


国からの仕事も断り、悠々自適な生活を送った歌人の

「独楽吟(どくらくぎん)」。

すべて、「たのしみは」で始まり、「時」で終わる、52首の歌。



(一部抜粋)

たのしみは 空暖かに うち晴れし
春秋(はるあき)の日に 出(い)でありく時

たのしみは 昼寝せしまに 庭ぬらし
ふりたる雨を さめてしる時

たのしみは そぞろ読みゆく 書(ふみ)の中(うち)に
我とひとしき 人をみし時

たのしみは 炭さしすてて おきし火の
紅くなりきて 湯の煮ゆる時

たのしみは 心をおかぬ 友だちと
笑ひかたりて 腹をよるとき

たのしみは 朝おきいでて 昨日まで
無かりし花の 咲ける見る時

たのしみは 心にうかぶ はかなごと
思ひつづけて 煙艸(たばこ)すふ時






参考URL:
(独楽吟)http://www.fukui-rekimachi.jp/tachibana/dokurakugin.html

(橘曙覧について。 PDFです)
http://www.fukui-rekimachi.jp/tachibana/images/akemi_pamf.pdf




つい、自我に呑まれて見えなくなることもありますが、

日々の中に、こういう数えきれないすばらしいことは、

あふれかえっていることであるなあ、と思いました。


コメント

非公開コメント

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【独楽吟(どくらくぎん】

ひょんなことから、橘曙覧(たちばなのあけみ)という、江戸時代の歌人を知りました。(有名な人みたいな
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。